ポケブログ

シングルレート勢です。構築やら育成論やら載せます。       TwitterID:@volleyballsan

S4構築 【最高/最終 2006】

みなさんこんにちは。バレーボールです。

S4でレート2000を達成したので、構築を紹介したいと思います。

 
【最高/最終 2006】

f:id:volleyball-pokemon:20170718220547p:plain

 

f:id:volleyball-pokemon:20170718221025p:plain

 

 ■PT構築

 

f:id:volleyball-pokemon:20170718223411g:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

腕白 すなおこし

HB252 S4

地震・ステロ・欠伸・氷の牙

 PT単位でリザXやバシャーモに弱いので、そこを受ける為HBゴツメで採用。怠けるを切っているのでサイクルに弱いですが、マンダやランドへの打点を優先しました。

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321201629g:plain

リザードン@メガY

控えめ もうか→日照り

大文字・ソーラービーム・めざ氷・ニトロチャージ

172-0-148-68-4-116

HB 特化マンダの捨て身最高乱数以外耐え

      特化ミミッキュのゴーストZ+影うち耐え

      陽気マンムーの岩封耐え

HD 臆病レボルトの10万最高乱数以外耐え

      特化ギルガルドのシャドボ最高乱数以外2耐え

C    めざ氷でH4メガマンダ確1

S 最速ガッサ抜き +1で130族抜き

有名強者のパクりました。Sラインをいじって最速ガッサ抜きに調整。今シーズンはリザXが増加した関係でリザYには厳しい環境でした。それでも炎枠+特殊火力が欲しかったので採用。Sラインを最速マンムー抜きまで上げられたらもう少し動かしやすくなると思ったので今後考察してみます。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20170718223525g:plain

メタグロス@メガ石

陽気 クリアボディ→硬い爪

アイアンヘッド・冷凍P・雷P・地震

76-188-20-0-4-220

HB 陽気ガブの地震+鮫肌耐え

   特化ミミッキュのゴーストZ高乱数耐え(12.5%)

   特化1↑マンダの地震高乱数耐え(12.5%) 

A 余り

S 準速マンダ抜き

火力、耐久、素早さ、技範囲、運要素全てを備え持った神ポケ。怯みゲーは最強。今シーズンのMVP。有名なガブの地震+鮫肌耐え調整を少しいじって、特化ミミッキュのゴーストZの乱数調整をしました。バレパンを切っているのでミミッキュに対して強いとは言えませんが、最低限の仕事はします。地震採用はギルガルド対策です。確定2発ですが、リザYが出しづらい環境下で有効打があるかないかは大きいと使っていて思いました。それ以外にも増加したリザXやヒードランへの打点になるので個人的に必須級でした。

 

f:id:volleyball-pokemon:20170718223444g:plain

カプ・コケコ@電気Z

臆病 エレキフィールド

10万・めざ氷・草結び・ボルトチェンジ

CS252 B4

ボルトチェンジor蜻蛉返りでひたすら悩み、結局火力をとりましたが、高速移動や悪巧みレボルトの起点され負けに直結するので、次使うときは蜻蛉に変更すると思います。ガッサ入りには必ず初手コケコ→グロスで立ち回ってました。クリアボディがあるので岩封も怖くありません。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20170718223855g:plain

ゲッコウガ@拘りスカーフ

やんちゃ 変幻自在

ダストシュート・けたぐり・冷凍B・蜻蛉返り

AS252 C4

初手に置き奇襲をかけたり、蜻蛉で有利対面取ったりと非常に使い勝手が良かったです。スカーフなのでマンダやギャラ、ウルガモスのストッパーにもなります。岩技を抜いたのはリザYやウルガモスが減った為、最悪ウルガモスにはダストシュートで9割ほど入れられるので岩技を切りました。けたぐり採用はメガギャラやガルーラへの打点として重宝しました。唯一の欠点はメインウェポンが命中不安である点です。

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321201008g:plain

ポリゴン2@進化の奇石

控えめ ダウンロード

トライアタック・シャドーボール・めざ炎・毒毒

244-0-44-220-0-0

oras時代の流用です。Bは当時の特化マンダの捨て身耐えですが、火力が落ちた為意味のない調整に。むしろトレースorダウンロードポリ2のCを上げてしまう為本当いらない調整と化しました。Dに44回すことで特化テテフのフィールドサイキネを高乱数2耐えするので、シーズン終了後に調整しました。シャドボはギルガルドへの打点で採用。またダウンロードだと毒毒を軽視されるので耐久相手にも強かったです。

 

 ■基本選出

メガ+@2が基本選出です。対面寄りサイクルPTなので相手によって@2を決めていました。

選出パターン

・コケコorゲッコウガ+メタグロス+@1

基本的にゲッコウガorコケコの高速ATを初手に置いてサイクル展開させる流れが多かったです。

・リザY+カバルドン+@1

ナットレイ入り+メタグロスが刺さってないPTの選出です。使用頻度は少なかったです。というよりリザYの選出が少なかったです。

 

PT単位でバシャーモとポリ2の処理ルートが少ないので、バシャが増加した今シーズンは厳しい立ち回りが多かったです。リザ枠が無駄に感じたので、バシャーモ辺りに変更もありかもしれません。

 

■終わりに

自身2回目の2000達成でとても嬉しかったです。目標はもっと上なので、これで満足せず頑張りたいです!

 ここまで見てくださった方々、ありがとうございました。

S2構築【最高/最終 2004】

皆さんこんにちは。バレーボールです。

久々の投稿になります。

シーズン2で目標のレート2000越えを初めて達成しました!
今回はその構築に関してまとめていきたいと思います。


【最高/最終 2004】

f:id:volleyball-pokemon:20170321194649p:plain

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321193158p:plain

 

■PT構築

f:id:volleyball-pokemon:20170321195822g:plain

ゲッコウガ@命の珠 
むじゃき 変幻自在
冷凍ビーム・ダストシュート・けたぐり・岩石封じ

AS252 C4

A
・けたぐり
H4振りメガガルーラ確定1発
H4メガギャラドス確定1発
H252ヒ―ドラン確定1発

・ダストシュート
H4ミミッキュ高乱数1発(87.5%)
H252レヒレ確定1発(無補正H252 B84まで確定取れます)

・岩石封じ
H4リザX確定2発(65.5%〜77.9%)

C 余り

S 最速


初手出し安定の駒として採用。
技選びには岩封or水手裏剣で悩みましたが、リザガモス対策も兼ねて岩封を採用。

交換も考慮し圏内まで削れた相手には岩封を打つことを意識しました。
また、持ち物もかなり迷いましたが、襷は安心感がある一方で発動機会がスカーフに上を取られる時くらいしかなかったので却下。

無振りメガガルーラやメガギャラドス等を確定1発まで底上げしてくれる珠を採用。
初手対面コケコやレボルト・ランド・テテフ等スカーフが警戒される相手には素直に引いて立ち回りました。

また、一時スカーフを持たせていましたが、この技範囲を縛りたくなかったので珠に戻しました。役割は変わりますがスカーフも普通に強かったです。

ここぞ!という時にダストを外さない賢いクノイチ忍者でした!

ps.ブルルドラン相手に初手ブルル対面引いたらノーストップでけたぐりおしますwww

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321201629g:plain

リザードン@メガY 
臆病 もうか→日照り
火炎放射・ソーラービーム・めざ地・オバヒ

CS252 B4

C
・火炎放射
H4ミミッキュ高乱数1発(87.5%)
無振りテテフ確定2発(81.3%〜97.2%)
H252ポリ2高乱数2発(98%)
H252メガゲン確定2発(84.4%〜99.4%)
※上記の仮想敵、大文字なら確定1発(H4メガガルは68.8%の乱数)

・めざ地
H252ヒ―ドラン確定2発(78.7%〜92.9%)←H252はいないと思いますが目安として
※無振りなら56.3%で落とせる

・オーバーヒート
H4メガガルーラ確定1発
H252メガフシギバナ乱数1発(31.3%)
H252ポリ2確定2発(70.8%〜84.3%)

B 余り

S 最速
※下にミミッキュやテテフがいるので最速安定
火力お化けことメガリザY。その化け物じみた火力に引かれ採用。
技でかなり迷い、当初ニトチャ+めざ氷を採用していましたが、
最速スカガブに上から殴られることも多々。また、めざ氷を打つ機会が少なく
PT単位でヒ―ドランが重かったのでめざ地を採用しました。
また、火炎放射or大文字ですが、大文字なら勝ててた対戦と大文字外しで負けた対戦が同じくらいだったので、安定技の放射を採用。

火力不足を補う為にオバヒを採用しました。

ただオバヒがあって良かったと思う場面より、ニトチャ欲しいわ~って場面の方が後半多かったので見直したいと思います。

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321195922g:plain

ギルガルド@ゴーストZ
冷静 バトルスイッチ
シャドーボール・聖剣・影うち・キングシールド

HC252 D4(6V)

D ダウンロード対策

 

とりあえず後出しして有利対面からの全力のZ技。交代されても等倍とれれば吹き飛ぶか致命傷ですwww
選出する際はゴーストZの通りが良いかしっかり確認することを意識しました。

また、シーズン中盤まで最遅個体を使っていましたが、ゴーストZならミラーで上を取りたいと思い、最遅をやめて6V個体を採用。

ガルドミラーはキンシから入ることをお勧めします。

ps.6V粘ろうと思ったら、卵5個目くらいでまさかの色!素直に王冠使用しました。

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321200037g:plain

ミミッキュ@フェアリーZ
意地っ張り 化けの皮
じゃれつく・シャドクロ・影うち・剣舞

AS252 H4


こりゃあ流行りますわ~。って感じです。化けの皮強すぎますwww
シーズン後半に加入。PT単位で重かったバシャや積ポケのストッパー役に採用。
困ったらZ2体選出でも関係なく出してました。そのくらい腐りにくいポケモンだと思います。

 

f:id:volleyball-pokemon:20170321201008g:plain

ポリゴン2@進化の輝石
図太い トレース
イカサマ・放電・毒毒・自己再生

H244 B244 C20

HB
A2段階上昇の陽気メガギャラドスの滝登りを高乱数2耐え(0.39%)
※意地っ張りは59%で落ちます
A2段階上昇の意地マンダの捨て身耐え

C
・放電
H4メガギャラドス乱数3発(76%)
※10万ならC無振りでも確定3発

S 無振り
※ラス1でポリ2対面の毒合戦になった場合、遅い方が勝てるので無振り
※控え目DL1段階上昇のトライアタックは再生で間に合う
とにかく固い。
トレースが非常に強力で、ギャラ、マンダ等の威嚇もちATへの後投げが有効です。
冷凍ビームを切っているので、マンダには毒いれてイカサマ&再生しとけば勝てます。
ただし身代わりには注意!
おもにギャラ、マンダ、ドリュなどの物理ATに対して役割を持ちます。
またイカサマを採用しているので積んでくるドリュやミミッキュも怖くありません。

ps.「輝石」って正しくは「奇石」らしいですけど違和感あるので「輝石」でw



f:id:volleyball-pokemon:20170321200322g:plain

ランドロス@突撃チョッキ
意地っ張り 威嚇
地震・蜻蛉・岩封・叩き

H244 A20 B4 D116 S124

H 4-1n

A
B4振りガブを地震で高乱数2発(96.5%)

B
威嚇込意地ガブ逆鱗高乱数2耐え
陽気剣舞ガブの逆鱗高乱数耐え

D 余り

S 最速61族抜き、岩封後最速120族抜き
威嚇+チョッキのクッション性能抜群。そこからの蜻蛉展開も強力!
元々この枠はガブリアスでしたが、単に電気の一貫を切りたいだけで採用したので選出機会はほぼゼロww

初手ゲッコウガとコケコが対面してしまうと、マジカルシャインが安定打となり受けられない為、耐久+蜻蛉で展開できるランドに変更。この起用は大正解でした!

 

■基本的な立ち回り
基本初手にゲッコウガをおいて荒らしていきます。
鋼や電気等の苦手タイプが来たら、ガルドやランドに引いて展開していきます。
PT単位で瞑想スイクン、ポリ2、フシギバナバシャーモ、ウルガ、ガッサあたりに弱いので、相手PTにいたらそいつらの処理を最優先に考えて選出してました。
てか、ポリ2、バシャ、ウルガ、ガッサに弱い時点で欠陥構築ですが。まあ何とかなるものですww
また、リザがいる為ステロを巻かれることが多く、相手の初手はマンムーガブリアス等のステロ持ちが多かった印象です。

 

■対 受けループ
受けルを使ったことがないのでわかりませんが、ラキグライ+ドランorドヒドを選出されることが多かったです。
一応処理ルートとしては、初手でゲッコウガを投げてグライと対面。守らせてラッキーに引かせます。
ラッキーに対してガルドを後投げ、ラッキーにゴーストZぶっ放しますwww
相手は物理ガルドを警戒してか、グライに引くことが多く。グライが吹っ飛びますww
このルートで毎回対戦してますが、ラッキーが居座ったことが1度もなかったので、

私の中では最初のラッキー対面でゴーストZは安定です。


■感想
自身初の2000越えで大満足しています!!ここが1つの目標だったので本当嬉しい!!

今シーズンはインフレが起きていて2000越えがいっぱいいたので、ものすごいプレッシャーでしたが、最後まであきらめないで本当良かったです!
SMではシーズン1に間に合わず、力を入れたのがシーズン2からだったので、
Z技追加による火力インフレ+攻撃範囲拡大の環境に慣れず最初は苦しみました。
バシャーモに草Zやられたときは、あなた何タイプですか?と疑うほどwww
何はともあれ、次の目標は2200です!22杯出たい!

以上、ここまで読んでくれた方々、ありがとうございました^^

S17 PT構築  【最高1935】 最終1665

みなさんこんにちは!

バレーボールです!

今回はS17の構築記事を書きました。

 

先に言い訳をしとくと、

最終日1~2週間前からリアルが忙しくなってしまって

電車の移動中くらいでしか潜れていませんでした;;

結局最後はレートを上げられず、不完全燃焼で終わったラストシーズンでした。

何とも悲しい。。。

 

成績を残せなかったPTなので参考になるとは思いませんが、

せっかくなので記事に残したいと思います!

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914202027p:plain

 

PT構築

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914210441p:plain

ゲンガー@メガ

臆病 浮遊→影ふみ

H188 B116 C4 D4 S196

祟り目・ヘド曝・鬼火・道連れ

 

HB

特化メガバシャのフレドラ耐え

特化鉢巻アローのブレバ耐え

 

使用感

有名なBに厚いゲンガーです。

基本的にガルーラと11を取る要員ですね。

ゲンガー対面が多く、B振り調整が役に立つ場面が少ない気がしました。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914210420p:plain

マリルリ@鉢巻

意地っ張り 力持ち

H236 A252 B20

じゃれつく・アクアジェット・叩き落とす・馬鹿力

 

HB

特化マンダの捨て身 中低乱数耐え(37.5%で落ちる)

使用感

太鼓をまず警戒されるので意表をつける場面が多かったです。

有利対面でボルト・サンダーあたりに引いて、

太鼓アクジェを止めに来ることが多いので、

基本じゃれつくをノーストップで押してました。

この子のおかげで、初手ボルトが当たり前のようでしたねw

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914210356p:plain

ポリゴン2@輝石

なまいき ダウンロード

H244 B68 D196

冷B・空元気・電磁波・自己再生

 

使用感

かなり前に育てた子で、調整忘れましたww

とりあえず固いです。

常態異常になることが多いので、空元気が意外と機能します。

また、ガモスあたりで積まないので良かったと思います。

基本的にマリルリをカバーしつつ、電磁波で荒らします。

クチートの起点にされるので、クチート入りPTには選出控えてました。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914210501p:plain

バシャーモ@メガ

意地っ張り 加速

H44 A252 D12 S196

フレドラ・とび膝・岩雪崩・守る

 

使用感

この子もかなり前に育てた子で調整覚えてません;;

バシャーモは普通に強いですねww

元はこの枠にリザXを入れてました。

リザの方がよかったかもw

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914210521p:plain

霊獣ランドロス@チョッキ

意地っ張り 威嚇

H244 A20 B4 D148 S92

地震・蜻蛉返り・岩封・叩き落とす

 

HB

威嚇込意地ガブ逆鱗高乱数2耐え
陽気剣舞ガブの逆鱗高乱数耐え

 

HD

威嚇、保険込ガルドのシャドボ+影うち高乱数耐え
ステロ込リザYのオバヒ耐え

 

A

B4振りガブを地震で高乱数(96.5%)

 

S

準速70族抜き
岩封込で最速115族抜き(ライコウ意識)

 

使用感

ギルガルドが重かったので、

後出し+クッション性のあるチョッキランドを採用。

ただあまり活躍の場はなかった気がする。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160914210546p:plain

サンダー@防塵ゴーグル

図太い 静電気

H204 B252 C20 D12 S20

ボルチェン・熱風・どくどく・羽休め

 

調整は忘れましたww

多分テンプレです。

 

使用感

ガッサ等の催眠対策です。

後出しが非常に安定するので、

選出時の働きは抜群でした!が、

選出機会が少なすぎたので、この枠は考え直した方が良かったのかも。

 

 

まとめ

基本選出はマリルリ+ゲンガー+ポリ2でした。

マリルリとゲンガーの初手率が高く、

まあ出し負けてもポリ2が鉄壁だったので

後出しで何とかなってましたww

ポリクチによくやられていたので、対策すべきでした。

 

それと、鉢巻マリルリは強かったです!

 

 

感想

ラストシーズン苦い結果に終わってしまい残念です。

2000達成の目標は諦めてないので、

SM環境では今以上に頑張りたい^-^

 

以上、ここまで読んでくださった方々ありがとうございました!

クレセドランを撲滅せよ。

皆さんこんにちは。
バレーボールです。
今回は「めざ地ウルガモス」についての育成論を書いていきます!

 

めざ地ということで、役割範囲はクレセドランです。

ヘラクレセドランなら完封できます!

また、クレセドラン以外にも汎用性のあるラム舞ガモスなので、選出機会もそんなに限定されないと思います。

 

今回の型は、S16で使っていた子を微調整しました。

早速調整に移ります!!

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719175430p:plain

 

ウルガモス@ラムのみ 控え目

個体値 4-0-100-194-0-212

実数値 161-×-98-196-125-147

大文字・虫のさざめき・めざ地・蝶の舞

 

調整

HB

意地252ガブの逆鱗

85.7 - 101.2%(6.3%)最高乱数以外耐え

 

意地252メガガルーラ

猫騙し 41.6 - 50.3%

不意打ち 55.2 - 65.8%

(火傷を祈りましょう。)

 

 

HD

※1舞後

無ぶりスイクンの熱湯

33.5 - 40.9%

 

1段階上昇252ポリ2のトライアタック

39.1 - 46.5%

 

控え目252ギルガルドシャドーボール

33.5 - 39.7%

 

 

C

■大文字

H252ギルガルド 86.2 - 101.7%(12.5%)

H228-D4メガガルーラ 48.8 - 57.4%(92.6%)確定2発

 

※1舞後

H236-D4化身ボルトロス 97.8 - 115.7%(87.5%)

H188-D4メガゲンガー  98.7 - 116.9%(93.8%)

H84-D4  霊獣ランドロス 102.8 - 121.7% 確定1発(スカーフに多い調整)

H244-D4ポリゴン2   54.9 - 64.9% 確定2発

 

 

■虫のさざめき

H4サザンドラ 108.3 - 128.5% 確定1発

H252砂下バンギラス 53.1 - 63.7% 確定2発

H252砂下メガバンギラス 46.3 - 55%(47.7%)

(2舞後はどちらも確定1発)

 

※1舞後

無振りガブリアス 77.5 - 91.8% 確定2発

H252クレセリア   88.1 - 103.9%(25%)

H164-D4メガギャラドス 104.7 - 123.5% 確定1発

H252スイクン 53.6 - 63.7% 確定2発

 

 

■めざ地

※1舞後

H212-D36ヒ―ドラン 105.6 - 126.4% 確定1発

慎重H212-D4ヒ―ドラン 99.4 - 118.1%(93.8%)

慎重H212-D36ヒ―ドラン 95.3 - 113.9%(68.8%)

慎重H212 - D188ヒ―ドラン 84.9 - 101.5%(6.3%)

(慎重は倒せないと思った方がいいでしょう)

 

S

81族抜き(メガギャラドス

 

 

立ち回り

基本的にクレセドラン入りPTに選出していきます。

クレセへ後出しして積むことを意識します。

相手がヘラクレセドランならこれで壊滅です。

(初手に物理ATを置きクレセを誘う+クレセにダメージを入れウルガモスを後出しする。と言う流れがあるとスムーズです)

 

ガル クレセ ドランだとガルーラ突破がガモスでは困難なので、ガルーラへの削りや他での突破が必要です。

 

 

調整について

■C

努力値を194まで削っていますが、ぶっぱにしない理由は、、、

1.最低限の耐久と素早さが欲しかったので、Cを削りました

2.Cをぶっぱにしても慎重ヒ―ドランを確定で倒せないため。

(慎重ヒ―ドランのD調整はピンキリで、調整が困難だったので)

3.Cをぶっぱにしてもクレセリアへの乱数が25%⇒50%と確信のある数字にならないため。

4.ギルガルドへの乱数が12.5%⇒43.8%と確信のある数字にならないため。

 

以上の理由でCを削りました。

しかしながら、ぶっぱにすることで

H252メガゲンガーへの乱数が68.8%⇒87.5%になったりとメリットも存在します。

 

■HB

意地ガブの逆鱗耐えにしたのは、ガブの処理を考えているわけではありません。ガモスを使っているとガブとの対面が度々起こります。そういった時の為に最低限の耐久を確保しました。実際に役立つ場面も多かったと思います。

 

■S

当初Sを最速ヒ―ドラン抜きまで落としていましたが、

クレセドラン以外への選出をすると、

80族やメガギャラとの対面が非常に多く、

最速に上を取られ厳しい場面も多く修正しました。

 

 

感想

この子のおかげでクレセドラン入りPTにほとんど負けなくなりました!

(1度プレミで負けたぐらいですwww)

なので非常に助かっています^^

あと使っていて思ったのが、マンダやガブとの対面が多々あるので、

クレセドラン無視して汎用性を高めるなら、断然めざ氷の方がいいですw

 

ここまで目を通してくれた方々、ありがとうございました!

前回よりか育成論っぽくなったと思いますw

少しでも参考になれば幸いです^-^

意表を付け!めざ炎ウォッシュロトム!

皆さんこんにちは。
バレーボールです。

今回はめざ炎ウォッシュロトムについて語ろうと思います。
※今回は育成論ってほどではありません。あくまで紹介。
※意表をつく型なので、汎用性がなく育成論というほどの記事が書けないと思いました笑


それでは!

f:id:volleyball-pokemon:20160719175415p:plain


今回なぜめざ炎ウォッシュロトムを育成しようと思ったか、

普通ウォッシュロトムは、図太いお盆型や眼鏡や、スカーフいった拘り型など色々と型がありどれも強いです。

自分はシーズン16で、図太いお盆の物理受けとしてウォッシュロトムを使用してました。

主に役割は物理ATに対して鬼火を撒き散らし、相手の役割を破壊することやファイアローマンムーへの後出しです。

自分のPTはマンムーが非常に重かったので、そこをピンポイントで選出していました。
しかし実際にマンムーに対して後出しすると9割くらいの確率でナットレイが交代で飛んでくるんですね笑(ナットレイ入りPTが前提)
しかもナットレイもPT単位で重かったので、ほいほい飛んできました。

そこで!めざ炎があれば意表を付け、かつ相手サイクルに負担をかけられると思い今回の記事に至るわけですm(_ _)m

今回お伝えするウォッシュロトムは、受けやATとして特化していないので、本当めざ炎が刺さるナットレイに対しピンポイント仕様になります。




ウォッシュロトム
持ち物:お盆の実
H252 B116 C140
ハイドロポンプボルトチェンジ・めざ炎・鬼火

 

 

C
・性格補正B↑ナットレイH252 D92残飯2回込みでも確2
55.2~66.2%
※現環境約8割が性格補正B↑個体みたいです。

・H244 D132メガボーマンダの身代わりをボルトチェンジで確定破壊
25.3~29.8%

※意地っ張りで非常にDに厚いボーマンダを目安にしています。これ以上硬いやつは意地っ張りにはいないかと。
ちなみに、慎重マンダは壊せません。

仮に慎重H218 D236だと最高乱数のみ破壊になります。慎重は基本無理ですね。

・H236 D52メガハッサムへのめざ炎
43.4~52.5%(12.9%)
※HDに振られると乱数になるので鬼火からはいりましょう。剣舞や羽休めなども警戒できるので鬼火安定です。

ハイドロポンプ
無振りガブリアス
50.8~60.6%

無振りメガガルーラ
45.5~53.8%

チョッキH4 D236マンムー
64.5~77.4%


HB
・意地ガブ
後攻鬼火でお盆込み特化逆鱗2耐え
火傷前 61.1~72.6%

※陽気でも2耐えです。
火傷前 55.4~65.6%

・珠マンムーのはたき落す
持ち物込み 43.3~51.5%

・意地特化メガガルーラの秘密の力
お盆込み最高乱数以外2耐え
52.2~63%

・A4振りナットレイパワーウィップ確定2発
70~84%
※鉢巻は耐えません。

・意地特化メガハッサムの剣舞1積み叩き落とす
持ち物込み 72.6~85.9%


立ち回り
基本マンムーナットレイ入りのPTに選出。

マンマンナットの並びを例えると、
1.マンムーに後出し、交代を誘う。

2.ナットレイがいれば9割くらい出てくるので、交代読みめざ炎。ここで引かれなくてもたいしたダメージは入らないので安定行動です。めざ炎ばれますが笑

3.ナットを確2で飛ばすorマンダバック
ナットレイは十分削れているのでマンダ交代読みボルチェンでも良いかも。

4.どちらにせよ結果的にマンダが出てくるので、対面でボルチェン。
※鬼火だお空元気や身代わりで爆アドになりかねないのでボルチェン。

5.裏のマンダ対策で狩りに行く。
※ミトムでマンダを処理することは絶対に考えません。竜舞羽休めで起点にされるからです。身代わりなんかあったら最悪です。

☆ミトムの最優先業務はマンムーの処理or鬼火入れ。>ボルトチェンジによる有利対面作り。
ナットレイの処理はおまけみたいなもので、ナットとミトムで1:1何てことになると、役割放棄になります。

 


使用感

意表をつけます。
そこだけに長けています。

汎用性を重視するなら図太いや拘り型の方が断然優秀だと思います。

他の型でもマンムー対面でボルトチェンジを撃てばナットレイに有利対面を取れアドバンテージになります。

じゃあなんでめざ炎ロトムなんて考えたのか?
ドヤ顔で出てくるナットレイをドヤ顔で返り討ちにしたかっただけです。笑

実際、マンムー対面でナットレイの後出しばかりなので、交換読みめざ炎は刺さる印象でした。


それともう1つ思ったこと。
この子を使ってて、、

f:id:volleyball-pokemon:20160728211738p:plain



こいつでよくねって思いました笑


めざ氷搭載のヒートロトムなら、マンマンナットで不利対面がない為ぶっささりです。

思い当たる差別化
・ステロダメージが痛い
ウォッシュロトムと違ってオーバーヒート後に起点にされる
・そもそもヒートロトムを見せてる時点でマンマンナットはあんまり選出されません。そのため、ウォッシュロトムだとマンマンナットを選出誘導でき意表をつける。

とかですかね。


めざ炎よりかヒートロトムの方が安定すると思うので、みなさん検討する際は慎重に笑
それでもこの型を使ってくれたらすごい嬉しいです!

今回は以上になります(^。^)
実はネタが無くめざ炎ロトムの記事を書きました笑
次はもっと良いもの書きたいと思います!
目を通してくれた方々、ありがとうございました!

 

 

S16 構築 【ラティクチ軸】 最高1976 最終1902

皆さんこんにちは。
バレーボールと申します。
本日はS16で活躍した構築を紹介します。

f:id:volleyball-pokemon:20160719184501p:image

 

S16 最高レート1976

 f:id:volleyball-pokemon:20160719173611j:image

 

最終レート1902

f:id:volleyball-pokemon:20160719173531j:image

 

今回構築の軸となったのは「ラティアス」です。このポケモンは、結論厨パと言われているガルーラ・ガブリアス・ゲンガー・ボルトロスバシャーモスイクンという並びに対して全員等倍、もしくはそれ以上のダメージを叩き込めます。その為、現環境にマッチしていて非常に安定した立ち回りが可能でした。
そのラティアスと相性の良い「クチート」と絡ませ、【ラティクチ構築】別名アイドル構築について今回は紹介します。

 

※ラティクチを考察するうえでKANANさんのブログを参考にしました。

【ORAS S13】ラティアスクチート +バシャーモ 【最高1948】part4使用構築 : ラティ×サナの対戦日記

 


PT構築

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719180103p:plain

ラティアス@拘り眼鏡

臆病 浮遊
H44 B72 C136 D4 S252
※B個体値28
流星群・サイコキネシス・トリック・癒しの波動

 

HB

陽気A252メガガルーラの不意打ち最高乱数以外耐え(6.3%)

※意地A252は中乱数1発(43.8%)

特化メガバシャーモの1舞飛び膝蹴り 中乱数1発(37.5%)
特化メガバシャーモの叩き落とす 中乱数1発(37.5%)
意地特化鉢巻ファイアローブレイブバード 確定耐え

 

HD
臆病C252メガゲンガーシャドーボール 確定耐え
臆病C252珠ゲッコウガの冷凍ビーム 最高乱数以外耐え(6.3%)

 

C 余り

 

S最速

 

技構成
必須:流星群・サイコキネシス
メインウエポンです。

選択:トリック・癒しの波動・波乗り
波乗りはヒードランカバルドンへの打点です。範囲の確保として採用してください。
※今回トリックと癒しの波動を両立させています。その理由として、波乗りでHDカバや残飯ドランを確定2発で倒せないという点。
また、トリックと癒しの波動の両立ですが、意外と使う機会があり、トリック後の癒しでクチートの起点作り等で非常に重宝しました!

 

使用感
結論厨パに強いと書きましたが、ガルーラ、襷ガブや襷ゲンガーに対しては慎重な立ち回りが必要になります。
初手に出すと大抵ガルーラ・ガブリアス・ゲンガーと対面します。ガルーラ、ゲンガーなら基本突っ張ります。ガルーラへの削りや型判別、ゲンガー突破が主な理由です。ガブリアスは襷やスカーフが警戒されるのでクチートや他の受けに引きます。
また、ガルーラに関しては身代わり瞑想型を考慮してか、不意打ちから入ってくる事がほとんどなかったです。

ちなみに対結論厨パで初手バシャに対面したら曝アドですw
もちろん初手出し以外にも刺さっていれば必ず仕事をしてくれる子でした。

それと火力は予想以上に出ませんのでご注意を。ラティアスの強みは耐久です!
ps.ゲンガーとの対面が何十回もありましたが、2.3回程度しか同速負けしませんでした。襷?珠?ゲンガーなんて怖くなかった笑

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719175355p:plain

クチート@クチートナイト
意地っ張り 威嚇→力持ち
H124 A236 S148
じゃれつく・不意打ち・叩き落とす・剣の舞

 

HB
意地A252メガボーマンダ地震 確定耐え
陽気A252メガルカリオインファイト 高乱数以外耐え(18.8%)

 

A  

B4ガブリアスを1舞不意打ちで高乱数(81.3%)

 

S
20振りハッサム抜き
50-60族抜き意識(ギルガルドマリルリニンフィアクチートポリゴン2バンギラス)

 

技構成
選択肢として炎の牙がありますが、ナットレイピンポです。お好みで!自分はこのPTならこの技構成が完成系だと思ってます。

 

使用感
このPTは1メガということもあり、選出率はトップでした。

Hを削りSに振ることで50-60族に強くなります。少々耐久に不満がありましたが、使ってみるとSを振った御身の方が大きかったです。

この子がいるとヒードランリザードンバシャーモが高確率で飛んできます。中でもヒードランラティアスでも対策できない為、PT単位での対策が必要でした。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719175415p:plain

ウォッシュロトム@お盆
図太い 浮遊
H252 B204 C44 D4 S4
ハイドロポンプ・10万ボルト・ボルトチェンジ・鬼火

テンプレなので調整は省きます。

 

使用感
マンムーピンポです。
それ以外の選出はほとんどありませんでした。
マンムーピンポとなると、ナットレイが高確率で後出しされるので、めざ炎個体値を考察中です。また、身代わり竜舞マンダの起点にされるので、PT単位でマンダ対策は必須です。

ps.マンダ対面鬼火はやめよう。身代りされたら曝アドですw

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719175424p:plain

霊獣ランドロス@拘りスカーフ
意地っ張り 威嚇
H84 A132 B76 D4 S212
地震・岩雪崩・馬鹿力・蜻蛉返り

 

テンプレです。

HB
意地A252ガブリアスの逆鱗 威嚇込み43.4-51.4%

S
135族抜き

 

使用感

選出率も高く、初手率は1番高かったです。

拘りスカーフを持たせることで、厄介なリザードンを上から殴れます。またガブリアスやガルーラへの処理ルートが増えるので、ラティクチ構築に欠かせない存在でした。

持ち物を突撃チョッキに変えてもアリだとおもいます。クッション性能が上がり役立つ場面も増えると思います。

シーズン中盤ではチョッキを持たせてましたが、スカーフの方がメリットを感じたので戻しました。

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719175430p:plain

ウルガモス@ラム
控えめ ほのおのからだ

H36 B94 C204 D4 S172
大文字・虫のさざめき・めざ地・蝶の舞

 

H 奇数

 

HB
意地A252ガブリアスの逆鱗 最高乱数以外耐え(6.3%)

 

C
穏やかヒードランH212D28を1舞めざ地で高乱数1発(93.8%)
穏やかH212D92だと中乱数1発(62.5%)

H252クレセリアを1舞さざめきで低乱数(37.5%)

 

S
最速ヒードラン抜き
1舞後 スカーフドリューズ抜き

 

使用感
クレセドランピンポです。いれば必ず選出してました。
ヘラクレセドランならヘラ対面以外で舞って完封です。
ガルクレセやガブクレセですと、1舞でもガルガブを倒せないので、その前の削りが必須になります。
耐久調整をガブ目安にしていますが、倒そうなんて考えていません。「削れたスカガブを最終手段で倒せますよ」くらいの気持ちです笑

 

 

f:id:volleyball-pokemon:20160719175439p:plain

ポリゴン2@進化の輝石
控えめ ダウンロード

H244 B12 C248 S4
トライアタック・冷凍ビーム・めざ炎・トリックルーム

テンプレなので調整は省きます。

 

使用感

ボーマンダの対策としてシーズン後半に加わった新戦力。
中火力高耐久なのでボーマンダ以外にも汎用性があり便利です。
クチートと絡めた選出でトリックルームが生きる場面もありますが、ポリクチでトリル展開する為にこの子を入れたわけではないので、最終手段。あったら便利といった感覚でトリルは使ってました。
ポリクチよりラティクチのほうがはるかに選出率高めでした。

 

 

まとめ
ラティクチランド の選出率が高く、安定感もありました。
その他のポケモンは、それぞれ役割をしっかり持っていた為、役割対象がいる時以外はほとんど選出されなかったのでは?といった感じでした。
ラティクチを軸に置くと、ギルガルドバンギラスリザードンバシャーモヒードランナットレイマンムーが必ずと言っていいほど選出されるので、ここの対策はPT単位で必須です。

 

感想

今シーズン初の1800越えで喜んでたら、1900後半にまで行けてびっくりです!笑

本当この子達に感謝です。ありがとう。

来シーズンは嫁のニンフィアを入れようと思ってますが、ラティクチには合わないと思うので、新たに構築を練り直そうと考えてます。

 

ここまで読んで下さった方、読んでなくても目を通して下さった方、ありがとうございました。少しでも参考にして頂けたら幸いです!

それではまたの機会に。

 

 

初記事 自己紹介やらなんやら

皆さんこんにちは!

シングルレート勢のバレーボールと申しますm(_ _)m

シーズン14後半からBW2以来の復帰を果たし、現在は仕事、育成、考察、レートの毎日を送っています笑

 

これまでのレートの成績は、

シーズン14 1613

シーズン15 1710

はい。大して強くありません(・・;)

 

 

今回のシーズン16では、自己最高レートの1976を達成しましたが、安定せず1750〜1900辺りでウロウロしてました。

やっと初心者抜けしたなと実感しています^_^;

f:id:volleyball-pokemon:20160718164831j:image

 

 

このブログでは主に育成論とPT構築を載せていきたいと思います。

記事を見て「この考察微妙じゃねーか?」なんて思ったらドシドシ意見してくれて構いません!勉強になるので!

 

駆け出しトレーナーのひよっ子ですが、この記事に足を運んで頂ければ幸いです!

よろしくお願いしますm(_ _)m